K2ステーブルは

:乗馬というスポーツの楽しさを、難しさを含め
多くの人に広めていきたいと思っています。
上手い下手にこだわらず、楽しいかどうか
その為に、技術と知識を一緒に身につけましょう!

ニセコで乗馬をするなら、K2ステーブル!
私達も、日々勉強していきたいと思っております。

 

K2ステーブルの名前の由来

ニセコは、山々に囲まれた土地です。
山を身近に感じ暮らしているので、クラブ名と馬名に、
世界の山々の名前を付けました。

「K2」は、カラコルム山脈にある世界で2番目に高い山。
登頂がもっとも難しい山としても、有名です。
「ステーブル」は、厩舎です。

ちなみに、私達夫婦のイニシャルが、2人とも「K」なので
「K」が2つで「K2」・・・

K2 Stable

代表 手老 健二

〒048-1551
北海道虻田郡ニセコ町里見238-5

Tel 0136-44-3788

■動物取扱責任者
手老 健二

■展示
北海道第041150068
■登録
2011年5月11日

K2ライド90分のイメージ動画です。 通称ブラックリバーの山を駈ける。

K2ライド180分のイメージ動画です。 川を越えて車と競争?

乗馬とは

乗馬とは馬に乗るスポーツです。「馬」と一体になり競技するところに特徴があります。他のスポーツとの大きな違いは、馬が生きているという事です。馬に信頼され、技術を高めることで馬だけでは決してできない動きができるようになる。これが乗馬の醍醐味だと思います。馬と言えば、競馬や競技としての乗馬をイメージする方が多いことと思います。一般には、お金持ちが楽しむスポーツとして認知されていますが、他のスポーツ同様に趣味としても十分楽しむことができると思います。

ニセコについて

ニセコと言えば、やはりスキーが有名でしょう。極上のパウダースノーは、多くのスキーヤーを魅了し続けています。「東洋のサンモリッツ」とも呼ばれており、近年は海外からの観光客も多く訪れているエリアです。ウィンタースポーツだけでなく、ニセコは羊蹄山やニセコ連峰といった山岳に囲まれており、登山やラフティングといったアウトドアスポーツの名所としても有名で、四季折々の自然景観に恵まれた観光リゾートです。

K2ステーブルのご紹介

K2ステーブルは、ニセコにある乗馬施設です。乗馬を多くの方に、身近にそして気軽に楽しんでいただくことを一番の目標としています。 乗馬は決して高価な遊びではありません。馬と向き合い一体となって取り組むためには、楽しむことが大切だと思います。もちろん、楽しむためには知識も技術も必要ですが、K2ステーブルではベーシックコースから始まり、初心者の方でも安心して少しずつステップアップしていただけるシステムになっています。この機会に趣味の一つに乗馬をと考えられている方から、本格的に乗馬を学びたい方まで、幅広い方に乗馬を楽しんでいただけると思います。