集牧の楽しみ方

2020年01月09日(木) | 未分類 | コメントはありません Posted by K2 厩務員

ケイです。

冬休み中の子供達と遊ぶために、今の期間は馬に触れる機会が
だいぶ減っています。
なので、夕方の集牧作業が少し楽しい。
健二が居なくて一人で集牧する時は、
どの馬を先に連れていくかを決めるのが一番のメインテーマ。
いかにスムーズに馬達を誘導し、連れて行く馬と放牧地に残す馬を分けるか。

二頭引きで行くので、順番を間違えると
出入り口でごった返し、ワタワタになってしまう。
馬達が帰りたい!と思っている時は、単純に力の強い馬から連れて帰る。
出口に順番に並んでいるので、捕まえるのは楽。
出入り口は混雑するが、案外みんな言うことを聞いてくれるので、
「君はまだです!」と指示すると、大人しく待ってくれる。
ただ、昨日のように、ボスが寝ていたり、ゆっくりしている場合、
下っ端が出口で待っている事が多い。
ここで、何も考えずに下っ端の馬を先に連れて行こうとすると
ボスが急に走り近づいてくる時があり、
そうなると下っ端は慌てて逃げ出そうとする。

かと言って、遠くのボスをわざわざ捕まえに行くのも面倒だ。
放牧地に近づきながら今の馬達の状況を把握する。
興奮している馬はいるか、私に気が付いて出たがっているのか、
まったく無視しているのか。

ということで、昨日は見事スムーズに集牧することができた。
そういう時は、かなりの爽快感で仕事を終えることができる(笑)

Kei


ニセコで乗馬をするなら ⇒ http://www.k2stable.com

No Comments yet »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

XHTML: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>